ベクヴェーム

大阪 鶴見 京橋 アンチエイジングケア エステ サロン ベクヴェーム

Q&A

美容コラム

  • 顔痩せの近道はこれ!顔太りタイプを把握して小顔を即効手に入れよう♪

    2016-09-27 02:22

     

    こんにちは!痩身、小顔ならおまかせ♪

    大阪市鶴見区のアンチエイジングケア専門エステサロン ベクヴェームの白男川ユキです。

     

    こんなお悩みありませんか?

     

    ・お顔の脂肪をとって小顔にしたい。

    ・丸顔をシャープにしたい。

    ・お顔が下がって、大きくなってきたような気がする。

    ・ダイエットしても顔は痩せないんだけどどうしたらいいの?

     

    確かに顔だけを痩せるってなかなか難しいですねー。

    顔痩せ

     

    でもそれはご自身の

    「顔太りがどんなタイプなのか?そして何が原因なのか?」

    が把握できていないからかも。

     

     

    顔太りのタイプは6つです。

     

    ご自身がどのタイプなのかを把握し、効率よくキュッと引き締まった小顔を取り戻していきましょう♪

     

     

    ■顔太りの6タイプと原因(1~5)

     

    1.むくみ顔タイプ

     

    朝起きて顔がパンパンに大きくなっている方、これは「むくみ顔」タイプですね。

     

    前日の晩に飲みすぎたり、塩分を多めにとると翌朝お顔がパンパンになることもありますが、

    そういうわけでもなく、朝はいつもお顔がむくんでいるような気がするというタイプ。

     

    首がパンパンに張っていたり、鎖骨が分かりにくくなっていることが多いですね。

    鎖骨 顔のむくみ

    リンパの流れが悪くなり、老廃物が排出されにくくなっているのが原因の一つです。

     

     

    2.脂肪太りタイプ

     

    お顔に脂肪がついてしまっている状態です。

     

    年齢を重ねると頬やフェースラインの脂肪は重力の関係で下にさがってくる

    でたるみの原因にもなります。

     

    お顔の脂肪の原因としては、体全体に脂肪がついてぽっちゃり体型であるということ。

     

    お顔にもやっぱり脂肪がついてしまいますね。

     

    ダイエットして体脂肪率が下がると、お身体の脂肪が減るだけでなく、お顔の脂肪も減ってきます。

     

    ただ、お顔の脂肪はなかなか落ちにくいので、何か対策が必要ですね。

     

     

    3.筋肉不足タイプ

     

    お顔にも表情筋、咀嚼筋といった筋肉があります。

     

    筋肉は使われないと弱ってきますが、筋肉が弱るとお顔の脂肪が支えられなくなって下がりますので、

    お顔が大きく見えてしまいます。

     

    表情筋

    ↑顔の表情と筋肉の関連図(大「顔」展図録より)

     

    お顔の筋力が低下する原因は、顔の筋肉を使っていないから。

     

    表情が乏しかったり、よく噛まずに食事をしていると顔の筋肉が衰えてきます。

     

    気になる「ほうれい線」も頬の筋肉が衰えて支えられなくなって下がっていくことで、より深く濃くなってきます。

     

     

    4.筋肉使いすぎタイプ

     

    お顔の筋肉が発達して固く大きくなっているのも顔太りのタイプの一つです。

     

    3.とは逆にお顔の筋肉を使い過ぎている場合に、筋肉が発達し固く大きくなります

     

    例えば、虫歯のある右側の歯と反対側の左側の歯だけで噛む癖がつくと、左側の頬の筋肉が発達して大きくなります。

     

    使わない右側の筋肉は弱くなってたるむということですね。

     

     

    お顔の左右バランスが異なるのはお顔の筋肉の使い方が左右で違うことが大きな原因です。

     

    よく使う方の筋肉が固くなると動きも悪くなってくるので、筋肉同士が癒着し「コリ」になったり、老廃物も溜まりやすくなります

     

    その結果、フェイスラインが左右で違ってきたり、お顔を歪ませたり、むくみも起こります。

     

     

    5.姿勢の癖・体の歪みタイプ

     

    いつも片側の肩にカバンをかけたり、頬杖をつく癖ありませんか?

    顔痩せ 頬杖

    また、猫背、骨盤や肩の高さが違うというような、体の歪みがある方は、フェースラインにうっすらと二重あごのようなたるみができて、お顔が大きくみえやすいです。

     

    体は足から頭まですべてつながっています。

     

    日常の癖から、体の骨格や筋肉バランスが崩れたり、筋膜が体のどこかで癒着して引っ張られることによって、お顔も下へ引っ張られてしまうんですね。

     

     

    最後の6つ目のタイプは次ページへGO♪