ベクヴェーム

大阪 鶴見 京橋 アンチエイジングケア エステ サロン ベクヴェーム

Q&A

美容コラム

  • ふくらはぎ痩せのコツはこれ!簡単にふくらはぎを細くする方法とは?

    2016-10-26 23:44

     

    こんにちは!痩身、小顔ならおまかせ♪

    大阪市鶴見区のアンチエイジングケア専門エステサロン ベクヴェームの白男川ユキです。

     

    ・ふくらはぎがむくんでパンパン。

    ・ふくらはぎが筋肉質なのが悩み。

    ・スカートをきれいに履きこなしたい。

    ・ふくらはぎが太いのでスリムパンツが履けない

    ・ふくらはぎのセルライトをとりたい。

     

    ふくらはぎ

     

    女性にとってすっきりと細いふくらはぎは憧れですよね。

     

    意外にふくらはぎが太いのが昔からの悩みです、とおっしゃる方が多いです。

     

    特に身体が太っているわけでもないのに、どうしてふくらはぎが太いのか分からない。

     

    そんな方のために、ふくらはぎが太くなる原因から解明して、ふくらはぎを細くする方法についてご案内していきたいと思います♪

     

     

    ■理想のふくらはぎのサイズとは?

    「実は、理想のふくらはぎサイズが決まっている」ということはご存知でしたか?
    まずはこちらの計算をしてみてください。

     

    「理想のふくらはぎサイズ=身長×0.2cm」

     

    158cmの場合は、31.6cm

    165cmの場合は、33cm     になりますね!

     

    そして次にメジャーでご自身のふくらはぎを測ってみてください。
    ふくらはぎ メジャー

     

    怖いかもしれませんが、まずは現状を知ることが何より大切なことですよ☆

     

    理想のふくらはぎが分かったところで、ふくらはぎが太くなる原因を探っていきましょう!

     

    ■ふくらはぎが太くなる5つの原因とチェック方法は?(1~4)

     

    1.脂肪太り

     

    当然ですが、全体の脂肪量が多い場合は、ふくらはぎも脂肪量が多くなり太くなりますね。

     

    脂肪分が多い食べ物を必要以上に摂っていると脂肪が溜まりやすくなります。

     

    特に普段全然運動をしない方は、ふくらはぎに脂肪がつきやすいです。

     

    2.むくみ

     

    デスクワーク

     

    立ち仕事の方、デスクワークで座っている時間が長い方など、ずっと同じ姿勢でいる場合はむくみます。

     

    ふくらはぎは筋肉を動かすことで、重力に逆らいながら足の血流を心臓に送りかえす「筋ポンプ作用」があります。

     

    しかし、ずっと同じ姿勢でいるとふくらはぎの筋肉があまり動かないので、血行やリンパの流れが悪くなるのでむくんでしまうんですね。

     

    自覚がなくても以下のような方はふくらはぎがむくんでいます。

     

    ・履いている靴下を脱いだ後、ゴムの跡形がついたまましばらく取れない。

    ・足首の上のあたりを指で20秒ぐらい押し当てて、指を離した時にしばらく跡がくぼんで残る。

     

    3.冷え

     

    足の冷え

    冷気は下の方に溜まりやすいので、座り仕事の方はデスクの下がひんやり冷えて、余計に足が冷えてしまいます。

     

    冷えると血行が悪くなり、体の末端まで血液がスムーズに流れなくなります。

     

    冷えとむくみや脂肪が結びついて「セルライト」の原因にもなるんですよ。

     

    ふくらはぎのセルライトはふくらはぎを両手でぞうきんを絞るようにねじって」確認しましょう。

     

    この際に「表面がデコボコ」としていたら、「セルライト」がある状態ので、要注意ですよ!!

     

    4.筋肉太り

     

    昔運動をしていた、今も運動をよくする方は筋肉がついて太くなっている場合もあります。

     

    ハイヒール

     

    また、普段からハイヒールを履くことが多い方もふくらはぎの筋肉が鍛えられて太くなります。

     

    ふくらはぎを構成している筋肉は大きく2つです。
    ・ヒラメ筋
    ・腓腹筋

     

    ふくらはぎ 筋肉

    ↑「クリニカルマッサージ/医道の日本社」参照

     

    図の通り、腓腹筋の上にヒラメ筋が覆っています。

     

    腓腹筋は、ふくらはぎの膨らんでいる部分にあり、主に足関節を曲げる際にこの筋肉が働きます。

     

    ヒラメ筋は、足首につながる部分につながっていて、かかとを上げる動作に使われます。
    歩く、飛ぶなどの時に重要な役割を果たします。
    これらの筋肉をほぐすことをイメージできるとスッキリ細くさせることができます。

     

    ふくらはぎが太くなる原因の5つ目はこれ!