ベクヴェーム

大阪 鶴見 京橋 アンチエイジングケア エステ サロン ベクヴェーム

Q&A

美容コラム

  • お腹ダイエットの効果的な方法はこれ!ぽっこりお腹の脂肪をとるには?

    2016-11-22 23:01

     

    こんにちは!痩身、小顔ならおまかせ♪

    大阪市鶴見区のアンチエイジングケア専門エステサロン ベクヴェームの白男川ユキです。

     

    ・ぽっこりお腹をすっきりさせたい

    ・お腹にタルタル脂肪がついている

    ・お腹はたるんでないが前に出ている

    ・お腹が冷たい

    ・ウエストのくびれが欲しい

    ・ウエストを隠すようなチュニックなど、洋服のバリエーションが限られてしまう。

    ・ぴたっと細身のセーターも似合うようになりたい

     

    お腹脂肪

     

    お腹痩せしたくても、お腹の脂肪は年齢とともにつきやすくなってきてませんか?

     

    しかも一度ついた脂肪はなかなか減らない・・・。

     

    というのも、この脂肪がどんな種類の脂肪なのかが見極められていないからなんです。

     

    お腹についた脂肪を減らすには、どんな脂肪なのかを見極めて対処することが大切!

     

    まずお腹脂肪の見極めチェックをやってみましょう♪

     

     

     

    ■お腹の脂肪の種類はどれ?

     

    見極めチェックの前に、お腹につく脂肪の種類は2種類。

    「皮下脂肪」と「内臓脂肪」があります。

     

    以下の図はお腹の断面図です。

    左側は皮下脂肪が多めのお腹、右側は内臓脂肪が多いお腹です。

    脂肪

     

    ご自身の脂肪はどちらの脂肪なのかチェックしてみましょう♪

     

    ■お腹の脂肪の見極め方法

     

    脂肪の見極め方法は3パターンあります。

     

    ①見た目

     

    ・皮下脂肪‥パンツやスカートのウェスト部分にぽよぽよっとしたやわらかい脂肪が乗っているような感じ。

    あるいは、お腹に横じわが入っている場合、つまり三段腹のような状態です。

    皮下脂肪をついているタイプは「洋ナシ型」と言われます。

     

    ・内臓脂肪‥パーンと張ったような丸いお腹が前に出ています。

    内臓脂肪がついているタイプは「リンゴ型」と言われますね。

     

    洋ナシ型 リンゴ型

     

    ②つまむ

     

    ・皮下脂肪・・外からギュッとつまめる脂肪。触感はやはり柔らかいです。

     

    皮下脂肪

     

    ・内臓脂肪・・丸く張っているので、外からつまむことはできません。

     

    ③温度

     

    まず、手のひらを脇にあて、その後にお腹にあててみて温度を比べてみてください。

     

    ・皮下脂肪・・あまり温度差を感じない場合は皮下脂肪が多いということです。

    ただし、脂肪は冷えていることが多いので、そもそも手足が冷たい方や体温が低い方は

    全体量として皮下脂肪の量が多いです。

     

    ・内臓脂肪・・お腹の方が冷たく感じたら、内臓周りが冷えて脂肪がついているということです。

     

     

    ■脂肪の特徴とは?

     

    見極め方、わかりましたか?

     

    見た目や感触以外にこんな特徴もあります!

     

    【皮下脂肪】

    ・皮膚の下と筋肉の間に蓄積されている脂肪。

     

    ・徐々に体内に蓄積されていく性質があるので、取り除くのは相当の時間が必要です。

     

    ・男性より女性の方が皮下脂肪がつきやすいです。

     

     

    【内臓脂肪】

    ・腹筋の内側につく脂肪で、内臓周りについています。

    お腹周りは骨がないため、内臓脂肪がクッション代わりに外からの刺激を守り支えているんです。

     

    ・食生活などの生活習慣による影響から内臓脂肪はつきやすいのですが、

    血行がよい内臓回りにあるので代謝がしやすく比較的落としやすい脂肪です。

     

    ・内臓脂肪が増えると糖尿病や高血圧などの生活習慣病になる可能性があがるので要注意です。

     

    ・女性より男性の方がつきやすいのですが、女性も閉経後に女性ホルモンの減少によってつきやすくなります。

     

    内臓脂肪の方が皮下脂肪の方より溜まりやすく落としやすいことから、

    皮下脂肪が「定期預金」内臓脂肪が出し入れが簡単な「普通預金」とイメージしていただくといいですね♪

     

    さて脂肪のタイプが分かったところで、なぜお腹に脂肪がつくのか探ってみましょう!