コラム

伝えたいことが
たくさんあります。

  1. HOME
  2. コラム
  3. 紫外線対策
  4. 日焼け対策の基本*紫外線の種類と日焼け止めの選び方について
UVクリーム

日焼け対策の基本*紫外線の種類と日焼け止めの選び方について

こんにちは!痩身ダイエット、ボディメイクならおまかせ♪
大阪市鶴見区の痩身エステサロン
ベクヴェームの白男川ユキです🌸

気温が上がると気になる日焼け。皆様ご存知の通り、降り注ぐ紫外線から肌を守る必要があります。
本日は日焼け対策の基本をおさらいしていきますね。

まず、紫外線の種類は何種類あるかご存知でしょうか?

■紫外線の種類

紫外線には3種類があります。

紫外線A波(UVA)、紫外線B波(UVB)、紫外線C波、というのは聞かれたことあるかなと思います。
これらは波長の長さによって分けられているのですが、UVCはオゾン層に吸収されるため、地表には届きません。

私たちの肌に悪影響をもたらすのは、UVAとUVBの2つです。

紫外線

UVAは、波長が長く、雲や家の中・車の窓ガラスも透過して肌にも到達する紫外線で、お肌の真皮に達し、シワやたるみを引き起こします。

UVBは、屋外での日焼けの主な原因となります。

お肌の表皮に達し、たくさん浴びるとすぐに赤く炎症を起こし、メラニンを生成します。

よくこの「メラニン」がシミやそばかすなどの色素沈着の原因と言われますが、実はUVBによってメラニンが生成された段階では、「透明」な色をしています。

透明なメラニンが黒く変わるのは、UVAによるメラニンの酸化によってなされるんです。

酸化によってメラニン色素は茶色→黒くなっていくんですねー。

つまり、日焼け対策には、
・メラニン色素を生成しないようにするためにUVBをカットする。
・メラニン色素を酸化させないようにUVAをカットする。

この2つが必要です♪

UVAとUVBをカットするための、化粧品の選び方を書いていきますね。

■日焼け止めの選び方

UVクリーム

よく化粧品でSPF、PAと書かれていますが、これがそれぞれUVB、UVAをどれだけカットするかを表してます。

SPFは「Sun Protection Factor」の略で、「紫外線防御効果」という意味です。

SPFの数字は、UVB波による炎症をどれぐらい長い時間防止できるかを表していて、1〜50+までの数字がありますが、数字が大きいほど長時間効果が続くということです。

PAとは「Protection Grade of UVA」の略。紫外線A波(UVA)を防ぐ効果を表します。

PAの後ろに効果の強さを表す「+」がついてますが、現在は「+」「++」「+++」「++++」と4段階あります。

散歩や買い物程度でしたら「+」、炎天下でのレジャーやマリンスポーツをされる場合は「++++」というように使用シーンに合わせて変えることが大切です。

日焼け止めを塗る際のポイントは、「こまめに塗りなおす」ということ。

SPF50の日焼け止めを塗っていても、汗や皮脂、ハンカチやタオルの摩擦などで徐々にはがれてしまったり、元々の塗りムラがあっては紫外線ダメージを受けてしまいます。

特にアウトドアにいる時には意識して2時間おきには塗りなおすようにしてくださいね。

関連記事

メニュー一覧 ビフォーアフター